MONAD コマンドレットのサンプルコードです

例によって例のごとくの「Hello World」です。

例のごとく、これらはサンプルに過ぎません。これらのサンプルにより何らかの損害が発生した場合にも、当方は一切関知しません。
要するに、自己責任の元使ってくださいということです。

VB C#
'---MONADコマンドレットに必要な参照です
Imports System.Management.Automation

'---"Say-Hello"コマンドレットを定義します
<Cmdlet("say", "hello")> _
Public Class MonadTest1
  Inherits Cmdlet

  Private mstrName As String

  '---第一引数で、必須のパラメータです
  <Parameter(Mandatory:=True, Position:=0)> _
  Public Property Name() As String
    Get
      Return mstrName
    End Get
    Set(ByVal value As String)
      mstrName = value
    End Set
  End Property

  '---実際の処理です
  Protected Overrides Sub ProcessRecord()
    '---"Hello" に 第一引数の値を付加して返却します
    WriteObject("Hello " & mstrName)
  End Sub

End Class
using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Text;
//MONADコマンドレットに必要な参照です
using System.Management.Automation;

//"Say-Hello"コマンドレットを定義します
[Cmdlet("Say","Hello")]
public class MonadTestC1 : Cmdlet {
  private string mstrName;

  //第一引数で、必須のパラメータです
  [Parameter(Mandatory=true,Position=0)]
  public string Name {
    get { return mstrName; }
    set { mstrName = value; }
  }

  //実際の処理です
 protected override void ProcessRecord() {
   //"Hello"に第一引数の値を付加して返却します
   WriteObject("Hello " + mstrName);
 }
}
 

 

勉強会資料置き場に戻る

TOPにもどる