書庫−技術総論の本棚

戻る

コーディングの本棚へ

その他の本棚へ




  書名 リンク 著者 分類 寸評
1 人月の神話−狼男を撃つ銀の弾丸はない Frederick P. Brooks Jr. 開発全般もし読んだ事がないというなら今すぐ買いに行くべき必読の書。特にマネージャー級で読んだ事が無いと言うならば、今すぐこっそり買いに行ってほしい。
1975年にかかれているにもかかわらず、内容は今でも新しい。「ブルックスの法則」「銀の弾丸」という言葉を聞いたことがあると思うが、それらはここからきている。
2 プログラミングの心理学−またはハイテクノロジーの人間学 Gerald M. Weinberg 開発全般 この業界、コンピューター技術に夢中になりがちであるが、昔も今も、結局は人間が作っているという事実だけは変わりが無い。技術的には進歩したと思うのだが、(この業界における)人間系の科学−つまり、社会学とか心理学とか−は進歩したのだろうか。一読すればすぐわかるが、書かれた時代はは大変古い(なにせパンチカードを使っているのである)が、その内容は、(これまた)今でも新しい。
ただし、本の虫の私としては、25周年版よりも、従来版をオススメしたい。ただ、これは装丁とかフォントとかの、本題とはあまり関係ない部分です。
3 デスマーチ−なぜソフトウェア・プロジェクトは混乱するのか Edwerd Yourdon 開発全般 このタイトルをみて「ドキッ」っとする人は多いはず。友人の一人は、「無縁で居たいね」と語ったが、私は身につまされて思わず買ってしまった。
オススメは、序盤で展開される、デスマーチプロジェクトの定義、発生原因、そして分析。とくに、(アメリカの)読者からのE-Mailの引用が趣を添えている。(序盤だけでなく、中盤や終盤も面白いんだけどね。)
業界でよく聞く、「デスマーチ」(あるいは「デスマ」)は、この本が出典。
4 ピープルウエア 第2版 − ヤル気こそプロジェクト成功の鍵 Tom DeMarco & Timothy Lister 開発全般 読め。まぁ、読め。
とにかく読め!
5 The Bug The BUG(ザ・バグ) すずきひろのぶ・かとうみつあき 入門 楽しく読めるエッセイ集(?)。でも内容は大変充実している。これまで挙げた本がとっつきにくいのなら、これからはじめてみてはいかがでしょう。
6 ソフトウェア開発のダイナミズム ソフトウェア開発のダイナミズム Jim McCarthy 開発全般 先のF.BrooksがIBM-360の開発マネージャーなら、こちらはMS-C++の開発マネージャーである。もう一つの共通点は、ともに挿絵が美しいと言うことである。
内容のほうは、システムの誕生から出荷まで、順を追って解説され、中には大変身につまされるものも多い。開発のどのフェーズであろうと、苦しいときに助言を求めたくなる本。
7 コンサルタントの秘密 Gerald M. Weinberg 問題解決 「コンサルタント」というと仰々しいが、「問題解決」という問題を説くための方法。
そこに潜む諸問題を丁寧に、しかも楽しく解説してくれる良書。ぜひご一読を。
8 コンサルタントの道具箱 Gerald M. Weinberg 問題解決 上の「コンサルタントの秘密」をさらに推し進め、そのために必要な道具立てを解説。
問題解決に必要な心構えを説く一冊。ご一読をオススメ。
9 ゆとりの法則 Tom DeMarco 開発全般 「ピープルウェア」の続編といえば、続編。
"アジャイル"な組織を作るための背景がここにある。ただし、本文中では"アジャイル"は殆ど触れていないが、それはきっと、 "アジャイル"が世に広まる前の本だからでしょう、きっと。
(アジャイル本も紹介したいのですが、それは私の読了後に。)
x 月曜日は土曜日に始まる 月曜日は土曜日に始まる―若い科学者のための物語 A. & B. Strugatskii SF文学 全然関係無いけど、この一言を書きたいために載っけました。
「プログラマー不足で連中は甘やかされているから、ろくなのはいやしない。こっちに用があるのは、ちゃんとしたまともなやつだ」「なるほど、そいつは厄介だ」 −これ、1964年のソビエトSFなんですが、今の日本との違いはあるでしょうか?

サーチ:
キーワード:
Amazon.co.jp のロゴ
戻る