vol2:日本語で記述できないことは、プログラムにもできない

vol6:目的と手段の関係を考える

vol8:ある思考実験−利害関係を考える

vol9:日本語で記述できないことは、プログラムにもできない-続

vol10:まず目的!

vol15:アジャイルを理解しようと試みる−言語編・歴史編

vol17:楽をするために手をかける

もどる